元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

笠置山

昨日はお昼まで街宣しました。頑張りや!とカイロと暖かい缶コーヒーを頂き元気百倍です。

昼から、先日テレビで見た笠置山へ行ってきました。四條畷から163号線で約1時間。笠置町から恐ろしいほど狭くて急な山道を登って行くと頂上手前の駐車場に到着。徒歩3分で笠置寺に到着します。

ここにある正月堂は、今は東大寺で行なわれている「お水取り」の第1回目が行なわれたところです。ですから東大寺には正月堂は無く、2月堂・3月堂となっています。

巨大な磨崖仏が2面あるほか、巨岩巨石が山頂の各所にあります。

笠置山は、建武の新政に失敗した後醍醐天皇が京都から逃れてたどり着かれたところで、当時は49伽藍を誇る一大寺だったそうです。天皇の行在所〔あんざいしょ〕跡もあります。ここで天皇は、南を向く大木の夢をご覧になりました。木に南とは、つまり楠。そこでそれに相応しい人物を探せと銘じられたところ、南河内の土豪であった楠正成に白羽の矢が立って、お召しになりました。正成は笠置山で後醍醐天皇と対面し、天皇を守る決意を固めたのです。

笠置山にこもる天皇軍は、6万を超える北朝軍と戦いましたが敗れ、49伽藍を誇った笠置寺も焼け滅びてしまいました。天皇はさらに南を目指し、楠正成を頼って落ち延びて行かれたのです。

山頂からの景色は素晴らしいものがあります。是非行って見られては如何でしょうか。

K0110004 K0110012 K0110014 K0110016 K0110022 K0110023 K0110027 K0110029

 

URL :
TRACKBACK URL :

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top