元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

単独行と言えばこの人も。植村直己

先日、NHKで植村直己によるグリーンランド・北極圏犬ぞり単独横断のドキュメンタリーが放送され、テレビ画面に釘付けになった。
植村は昭和16年兵庫県城崎郡日高町(現・豊岡市)出身で、郷土の英雄・加藤文太郎に憧れ山登りを始めたと言う。明治大学山岳部で山登りに没頭するが就職に失敗し、その後アメリカ・フランスと渡り歩き苦労を重ねた。初めてのモンブラン単独登攀はクレパスに落ちて失敗。昭和41年にモンブラン単独登攀に成功後は、マッターホルン(欧州)、キリマンジャロ(アフリカ)、アコンカグア(南米)をそれぞれ単独で制覇した。
昭和45年日本山岳会のエベレスト登頂隊に参加。金が無いので荷揚げ・ルート確保要員としての参加だったが、体力を買われてアタック隊に選ばれ東南稜からの登頂に成功。しかし一部の者しか最終アタック出来ない登山方に疑問を持ち、単独登山に帰着。同年マッキンリー(北米)単独登頂を果たし、世界初の五大陸最高峰登頂者となった。
NHKのドキュメンタリーは登山から極地探検へ活動を移し、その成功によって不朽の名声を得た単独犬ぞり行を丹念に描くもので、今流行のCG映画など吹き飛ぶ素晴らしいドキュメントだった。
昭和59年2月、厳冬のマッキンリーに挑み、登頂に成功するも下山途中で遭難死し、長年の夢だった南極点単独犬ぞり探検は叶わなかった。

植村直己も故郷の大先輩・加藤文太郎と同じ「孤高の人」であった。遺体は今もマッキンリーの氷河の何処かに眠っている。

グリーンランド・北極圏犬ぞり単独横断

犬ぞり

植村が今も眠るマッキンリー

マッキンリー2

URL :
TRACKBACK URL :

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top