元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

栄通り王将踏切から東への暗渠化と雁屋畑線・停車場線の信号

私が地元区長さん方と予算要望し実現した、王将の踏切から東高野街道までの道路沿い河川の暗渠化と道路整備が進んでいます。家の建て込んで入る所でもあり、建設業者さんも一生懸命取り組んで頂いておりますが、工事の進捗に遅れが出ています。このため当初予定の3月末が少し延びますが、歩道も整備されて来ており、大変喜んでいただいております。 
140327_163149

140327_163213
一方、先日開通された雁屋畑線については問題があります。まず四條畷停車場線と接続する三叉路=実は四叉路の交差点で、楠公方面から新・川本産業さんの南側を通って交差点に出る市道は細いですが買い物客などが多く通る生活道路です。西側にサンディーが出来たこともあり、大変多くの人がこの信号を渡ることになるのですが、横断歩道がありません。交差点南側の横断歩道を渡り、さらに北向けに横断歩道を渡らなければならず、高齢者の皆さんにとっては誠に不便です。また西から来た車は、北へ左折するときに横断歩道が無いため、歩行者がいるとクラクションを鳴らして強引に進入してくる危ない場面をもう何度も見ています。早急な改善を行わないと重大事故が発生する可能性が非常に高いです。
また雁屋畑線に東から進入すると速度標識がありません。ここは時速30キロです。標識が無いために一瞬速度制限が無いのかとの錯覚に陥ります。これらの点の早急な改善が必要です。
さらに、途中の風呂さんが立ち退き交渉に難色を示し続けられた結果、今回の開通もその場所は大きく北側に立ちはだかり、道路が狭く大変危険です。この道を通すにあたっては多くの住民が犠牲を余儀なくされつつも市に協力されました。10年も経つ中で、なぜ代執行の手続きを撮らなかったのか、私も委員会で追及しましたが市の返答は納得できるものではありませんでした。今までに協力して頂いた方のお心に報いるためにも早期解決、代執行も止むを得ないと思います。また、住民の中には、こんな状態で何で開通させたのか、風呂屋のところで事故が起こったらどうするのかという声も多く聞かれます。東側延伸の計画も立たない中での開通は塚米踏切を通る南野一号線や中野新町の通り抜け車両が増えるとの不安も的中してきている感じがします。市はこれらの道での交通量調査を早急に行うべきで、また停車場線が163に出る西中野の交差点北行きの現状も調査すべきです。旧造幣局跡地に大規模な住宅開発が進んでおり、ただでさえ事故の多い西中野交差点。心配です。
140328_143847

140328_143858

URL :
TRACKBACK URL :

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top