蠟梅〔ろうばい〕の花

2016年7月4日

挨拶周りをしておりましたら、塚米のお宅に見事な花が咲いていました。お伺いしますと蠟梅〔ろうばい〕とのこと。恥ずかしながら聞いたことの無い言葉でしたが、香りの良い花が寒風の中に咲き誇っていました。奥様が手折って花の着いた枝を幾本かを持たせて下さいました。寒椿も綺麗でしたので、これも持って帰りや、と頂きました。事務所に戻って空き瓶に活けてみましたが、部屋中にふくよかな香りが広がっています。調べてみますと蠟梅はロウバイ科ロウバイ族で、バラ科サクラ族の梅とは違う植物だそうです。花弁がロウのような色であることや蠟月〔旧正月〕に咲くことにちなんで名づけられたものと知りました。塚米のスイミングから東へ100メートルの民家の庭に見ることができますよ。
140122_152818

140122_153055

140122_170953