せみの声が変わってきましたね。

2016年7月3日

ガシガシと鳴いていた声が聞こえなくなって、裏山ではつくつくぼうしが愛を語っています。夕方になるとひぐらしの物悲しい声が秋の訪れを教えています。夜になるとすっかりこおろぎのコンサート。古今集収載の藤原敏行作「秋来ぬと 目にはさやかに見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる」。今も昔も自然の音の変化で人は季節を感じ取って来たのですね。

くまぜみの写真

くまぜみ

みんみんぜみの写真

みんみんぜみ

つくつくぼうしの写真

つくつくぼうし

ひぐらしの写真

ひぐらし