娘の土産は「子亀まんじゅう」

2016年7月3日

19歳の長女が運転免許取得のため、長野県伊那市の教習所へ2週間行っておりまして、昨夜帰宅しました。今日は門真の免許センターへ学科試験を受けに行きました。これで「アッシー君?」が増えました。さて娘の土産は「高遠子亀まんじゅう」 高遠(たかとう)は伊那から東へ行った城下町で、絵島という大奥御年寄が流され幽閉されたところ。絵島は大奥の権力者でした。将軍家綱の生母である月光院の代理で増上寺などに参詣した帰り、木挽町(今の東銀座あたり)山村座へ芝居見物に立ち寄りましたが、江戸城へ戻らなければならない時刻に遅刻しました。そこで歌舞伎役者であった生島新五郎との密会を疑われ、死罪となるところ罪一等減じて島流しとの裁可が下りました。さらに月光院の嘆願により高遠藩へ送られ生涯幽閉されました。その部屋が「江島囲み屋敷」として保存され公開されています。ちなみに絵島の兄の旗本は斬首の刑に処せられています。高遠は桜の名所でもあります。もうずいぶん昔、桜の季節に訪れたことがあります。さて閑話休題。私は家ではなぜか昔から「亀」と呼ばれています。亀が好きなものですから。池で亀に餌をやろうとしても横から鯉にみんな食べられてしまう亀。けなげに、のんびりと生きている姿が大好きです。ですから土産も「子亀まんじゅう」だったんですね。

untitled untitled