小楠公ゆかりの地をまわって来ました。

2016年7月3日

奈良県五條市の賀名生〔あのう〕と、大阪府河内長野市の観心寺を訪れました。賀名生は南北朝時代に御所がおかれたところ。この地より210人の忠臣が四條畷の戦いなどに出征したとの記録があります。先日のブログでは百一人と書きましたが、勘違いでした。スーパーの半額シールみたいで御免なさい。観心寺は楠正成公の首塚=墓所が祀られています。湊川の戦いで戦死し、京都五条河原に晒された大楠公の首が観心寺に送り返されてきました。くわしくは旅日記をご覧下さい。

untitled untitled