河野太郎氏、女系天皇について答えず。まったく失望。

自民党の保守系グループ「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」(代表・青山繁晴参院議員)は昨日、総裁選の候補者に対する質問書の回答を公開した。岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行が女系天皇に否定的な考えを示した。河野太郎ワクチン担当相は回答しなかった。期限までに河野氏側から返事がなかったので、期限を延長して帰ってきた答えが、文書で回答する用意が無い、とのこと。これでは、我々自民党員は、国家の根幹について何も示さない人をどう評価して良いのか。まったく失望した。僕は以前から河野氏の行動力や発信力に大いに期待してきたが、このままでは総理大臣に相応しいとは絶対に思えない。原発のことでも総裁選になってから豹変されたが、もし党総裁に当選され、国会で首班指名されてから、僕は女系天皇容認だ、とやられたらたっまたものじゃない。早急に態度を明らかにされることを一党員として強く求める。