元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

本日で2月議会が閉会。市役所庁内のウインドウズ7から10への移行作業が遅れたことにより数百万円の損失が出たことに対する、市長・副市長に猛省を促す議決案が議員全員の賛成で決議されました。#四條畷市 #議決 #ウインドウズ

今日議員全員の賛成で議決されたことは大変重大なことです。この問題が明らかになったのは昨年12月議会中のことでした。ほとんどの自治体では平成30年度中に終了していたウインドウズ10への移行作業が、令和2年の1月になっても本市では間に合わないという、重大な行政執行上のミスで、10に移行できるまで引き続きウインドウズ7を使えるようにする為にマイクロソフト社に支払うサポート費用が約800万円もかかるという事件です。結果的には半減以下になりましたがそれでも多額の損失で、他の自治体同様にちゃんとしていれば発生しなかったことは間違いありません。以前に徴税漏れなどで結果的に市民に損害を掛けた事例では、土井前市長も田中元市長も責任を取られた(自らの減給〇カ月〇%)と協議会で僕は申し上げました。特に事務方のトップである副市長の責任は重大だと思います。その後、一向に明確な責任の取り方が示されないために、すべての議員が不信感を持ち、今般の議決に及んだものと推察します。本当に残念なことです。

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top