元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

12月議会が召集され、前代未聞の、議会からの監査請求が行なわれました。ウインドウズ10への移行が遅れ、800万円の予算が必要となったことに対するもの。認めないと市役所が機能不全となる為に苦渋の判断で認めたものですが、行政の瑕疵が無かったのかを明らかにする為です。

市役所のパソコンのOSはウインドウズ7を使ってきました。2020年1月で無料サポートが終了することから、全国の自治体・民間企業では早くからウインドウズ10への以降作業を始められ、聞くところでは多くの自治体で平成30年度中に移行が完了しているそうです。ところが、先月の始めになって、突如、ウインドウズ10の導入が1月に間に合わないから、移行できるまでウインドウズ7の有償サポートで乗り切らざるを得ないので800万円の補正予算を認めてくれと行政側から言たのです。。

議会としては、これを認めなければ市役所が機能不全になる為に、承認せざるを得ない案件として苦渋の決断を致しましたが、市民に損害を与えたことは事実なので、何故こんなことになったのかを検証する必要がありますから、殆どの議員の連名で提出したものです。 同様の事案では、田中前市長・土井前市長時代では発覚後すぐさま市長給与の3ヶ月減額などを打ち出され、一定の責任の取り方を示されましたが、今回のケースでは発覚後20日にもなりますが何一つ責任の取り方が示されませんので、今度の一般質問では複数の議員が取り上げる見通しです。

また、南中学校の校舎が安全に使用できるという学者の所見を昨年の10月に得ていたのに、学校廃止条例を審議した今年の1月臨時議会にも隠していたことは非常に悪質で、看過することはできません。現にこの情報を知っていたら学校の廃止判断が変わっていたかもしれないとする議員さんもおられます。また、令和2年度中に公共施設個別計画を策定しないと今後の国の補助金や地方交付税措置が見通せない、と言い続けてきたものを、突然に四條畷市の中核施設である総合センターなどの整備を5年先延ばしにしたこと、頑として長寿命化改修対象物件の築年数を50年未満だとの答弁を変えなかったものを突然40年未満にしたことも、理解せよと言う方が無理と言うものです。一般質問ではこれらについて質疑するつもりですが、本当に残念なことが続きます。残念で仕方がありません。

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top