元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

議会全員一致で、市長に対する緊急要望書が提出されました。「団体事務局事務に係る基本方針」及び「既存補助金の在り方検討について」に対するものです。

永年に亘り、本市発展の為にご尽力を頂いて来ました団体について、仕分け/A=団体が自立するように役所は団体事務を行わない・床貸しをしない〔例・市役所会議室や障がい者施設など〕・補助金は、何の目的で出すのかを明確にする必要からゼロベースで見直す、との方針が示されています。 〔参考までに、市長のインタビュー記事 職員の悩みのタネ「利権」地域との対話会が脱利権への道 にリンクを貼らせて頂きました。公共性が非常に高いと判断し、しかも一般公開しているものですし、フェイスブック等にシェアできるように設定されています。非常に内容の濃い良いサイトですので、他の記事もご覧下されば幸いです  

= http://www.holg.jp/interview/shuheiazuma4/

僕も、時代に合わせて改革していかなければならにことには賛成ですが、先ずは、永年に亘るご尽力に対するリスペクトが必要だと思います。そしてひざを付き合わせた真摯な話し合いが必要だと思います。そこには、独善的な思想が入り込んではいけませんね。しかも文化事業など、内容によってはお金で測れない尊いものも沢山あると思うんです。

しかしこの事業仕分けは各種団体に一切のヒアリングを行うことなく一方的に通告されたものです。

各種団体からは、仕分け方などの内容が理解できないとの声が相次ぎ、これを受けて、標記の緊急要望書が提出されました。議員全員の要望書はこれが2回目です。例えば、市が協力を依頼して何年にも亘って開催されてきた公民館フェスティバルの運営団体には年間6~7万円の補助金が出ていますが、公民館フェスティバルの運営にはスズメの涙でして、関係者様は多くの持ち出しで市の文化振興の為にご協力を頂いています。これって「利権」なのか!と運営団体さんは怒り心頭です。皆さんはどう思われますか? 

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top