彼岸・盆・歳末には必ず、両親の実家の墓参り、家内の実家の墓参りをします。今年から亡父の新墓参りが増えました。

僕は墓の中に先祖の霊があるとかは思いません。先祖の墓に参って、手を合わす・先祖に思いを馳せる・今あることに感謝する、その心の中にこそ父母を始めとするご先祖様が居られるのだと思います。僕が卒業した上宮高校は浄土宗立でした。校歌は宗祖・法然上人様真制の「月影の 至らぬ里は無けれども 眺むる人の心にぞすむ」という和歌でした。年取った今になってようやく少しは分かれるようになって来ました。