街頭演説で回っていたら、2箇所で道路の危険箇所についてご相談を頂きました。至急、対処いたします。下水の蓋につまずいて骨折など。

今日は午前5時50分から四條畷駅でご挨拶。その後、選管で書類の届出について事前審査を終えました。その後、街宣を続けました。すると、楠公通リ商店街で道路の危険箇所2箇所のご相談を頂きました。1つは、商店街に西から侵入したすぐのところにある下水蓋。道路から盛り上がっていて、ある女性がつまずいて倒れ、手を骨折されたとのこと。見ると3センチほども高くなっていて非常に危険です。そのあと回っていると、踏切を東へ渡ったて100メートルほどのところ、道路の側溝フタがガタガタで危なく、また舗装が広い範囲ではがれて大変危険な箇所のご相談を頂きました。道路は府道ですので、舗装・側溝蓋は四條畷市から府へ依頼して貰います。下水蓋は下水道局へ行って来ます。安心安全な道路になるよう市民の声を伝えて改善できるようにします。