元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

大津市の義仲寺〔ぎちゅうじ〕 木曽義仲の終焉の地・松尾芭蕉の墓所

先日、大津市の義仲寺を訪れました。浜大津の近く、旧東海道に沿ったところにひっそりと建つお寺です。悲劇の武将・朝日将軍木曽義仲は北条氏打倒を果たし、いち早く京へ入りますが、その後、頼朝に命じられた義経軍に攻められ、この地で戦死しました。その菩提を弔うために立てられたのがここ義仲寺です。

また、俳聖松尾芭蕉は、この木曽義仲の生き様に深く共感されていたそうで、大阪で亡くなる直前に、遺骨は義木曽義仲公の墓所の隣に埋めよ、と弟子達に遺言されました。弟子たちは大変な苦労をしながら、師の遺言を果たしたのです。今は、義仲公の墓所と隣り合って静かに眠っておられます。また、義仲公の妻であった巴御前の塚や、芭蕉高弟の塚もあり、慶田にある翁堂の天井図は伊藤若冲作と伝わっています。

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top