元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

議員は責任ある姿勢を保て。旧外環拡幅についての市政報告書〔島議員〕について、その他

畷ビジョンの会の島弘一議員が最近配布した自身の市政報告書のトップに「私の議会質問の成果で、旧外環〔170号〕の東中野交差点から田中医院までの拡幅工事が決定しました!」みたいな記事が掲載されている。それをご覧になった市民の多数から僕のところへ本当か?できるのか?との問い合わせが殺到した。この件について現在把握している情報をお知らせする。さて、あの記事を読んだ人からは、もう今年からでも拡幅工事が始まって4~5年うちには完成するかの如き印象を受けた、との意見が大多数だ。果たしてそうなのか? 実際にはどうか。

①今回、この道路拡幅について付いた府の予算は、東中野交差点から田中医院までの区間について、拡幅を前提とした測量と、それを基にした基本設計のそのまた基本設計のその初期図面作成を始めるための予算であって、未だに金額・概要については四條畷市側でも把握できていない!

②この予算付けに関しては、市の要望を受けて頂いた橋本・内海両府議のご尽力の賜物であることが事実だ。

③この道路は、都市計画道路で無い為に、いわゆる土地収用法が効かないので、沿道の土地所有者に対して粘り強い交渉をして協力を頂かないと一歩も進まない。また、大阪府は、普通道路事業としての扱いであって、地権者との交渉は四條畷市が行わなければならない。〔これについては、近日中に沿線地権者に対して市の方から挨拶に廻る予定〕

④当然、用地買収の予算などいつの話か分からない。ご存知の雁屋・畑線〔外環状から四條畷停車場線=畷高の筋〕が開通するまで何十年も掛かったが、土地収用法の適用できる都市計画道路だったのに、それでもこんだけ時間が掛かったのだ。

⑤よって、今回該当する場所の拡幅工事がすぐに始まることは絶対無い!

あたかも自分の議会質問の成果ですぐに道路拡幅工事が始まるかのような誤解を市民に与えるようなビラのせいで、地元の自治会役員さん達も説明に追われて激怒している状況だ。自分の成果?を振り回して地域を混乱させた責任は重大であって、行政側も大変困惑しきっている。速やかに事実に基づいた訂正記事を配布されるべきと考える。〔但し、島さん自身は本当に人の良い方で誰からも好かれる人柄であり、個人的には親しくさせて頂いていることを言明する〕

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top