四條畷市、岡山行者堂の春季護摩焚き

大峰山上寺の扉開きに合わせて毎年4月7日に岡山行者堂で沢山の山伏達が集まり、天下泰平・家内安全・五穀豊穣などを祈願する春季大護摩焚きが行われました。岡山地域の皆様方がずっと昔から守ってこられた地域住民の幸せを願う行事です。この習俗は考え方を変えれば四條畷市の大きな観光資源になると思い、僕はたびたび議会でも取り上げてきました。多くの市民の皆様が来られていましたが、しかし今日も役所からは誰も来ていなかったのが残念です。大きな護摩火が焚かれたあと、護摩壇のまだ火がついている木を並べて塩を撒き、その上を素足で善男善女が渡って行きます。今年は、渡りきった所で足形を採って下さいました。四條畷市民皆様のお幸せを祈りながら日渡りをしました。感謝