元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

平昌冬季五輪に安部首相は出席すべきでない。国家間の合意を守れない国には毅然とした態度を! 真の友好関係構築の為にも! それにしてもトホホな河野親父

19日の日韓外相会談で、韓国の康外相が「首相を平昌で歓迎したい」との文在寅大統領のメッセージを伝えたところ、河野外相は「このままでは難しい」と応答したとの報道があった。僕はこの姿勢を強く支持する。国家間の合意や取り決めは、一方の政権が変わったからと言ってコロコロ変わる様なことがあってはならないのは国際的常識であって、またそうだからこそ国家間の信頼関係が継続できるのだ。然るに、不可逆的かつ恒久のものとされた所謂慰安婦問題についての日韓合意について根本的に見直すと公言する文大統領を信頼する訳には行かない。日本は韓国との真の互恵関係・信頼関係の構築を願っている。だからこそ、日本と合意した内容を誠実に履行する姿勢が見られないうちは、安易な妥協は勿論、相手に阿る行動は厳に慎むべきだ。なおさら、国威発揚の舞台であるオリンピックの場で、安部首相が手を振って登場するようなことがあれば、世界は日本も日韓合意見直し=軍や国家の関与を承諾したと誤解するのは間違いない。 さて昨日のBS番組で河野洋平元自民党総裁は、自民党時代は居心地が悪かった、と発言したそうである。卑しくも党総裁を務めた人間の言うことか?記事を読んだ我が目を疑った。太郎氏が似ないで本当に良かったと思う。

 

 

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top