元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

楠正行〔まさつら〕公の辞世の句「かへらじと」 昭和18年の楽譜が74年ぶりに蘇ったピアノ独奏。

「かへらじと」作詞:楠正行公 作曲:成田為三氏 昭和18年の白眉出版社の発行した白眉創作楽譜より。〔古書ゆうらく社主の古川様ご提供〕。正行〔まさつら〕公は大楠公=楠正成公の長男。湊川の戦いで正成公が討ち死にされたあと父の遺命を引き継ぎ南朝の為に奮闘された武将。1348年、四條畷の戦いで足利軍と戦い散華。この詩は最終決戦である四條畷の戦いに出征するにあたり、吉野の如意輪寺にある後醍醐天皇陵に参拝したあとに寺の本堂の扉に鏃で刻まれた辞世の句である。その扉は如意輪寺に現存する。作曲は「浜辺のうた」で有名な成田為三氏。まことに哀愁に満ちた調べである。調べた限りでは音源がなかったので、森本勉の姪に演奏して貰ったもの。今後、伴奏に独唱を入れたもの、二部合唱、三部合唱、懇請合唱などの音源を公開する予定。〔貴重な楽譜を提供頂いた古川様に対し心より感謝を申し上げる次第です〕

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top