元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

いつから日本は不寛容な国民性になったのか? 鈴木貴子衆議院議員の妊娠に思う。

鈴木宗男氏の長女で衆議院議員の鈴木貴子さんが自身のブログで第1子の妊娠を発表した。まことにお目出度いことである。しかるに「国会議員の任期中に妊娠なんていかがなものか」「公人としての自覚が無い」「職務放棄か」などの批判の声が寄せられているそうだ。最近日本ではネットの匿名性を利用した個人へのさまざまな嫌がらせや攻撃が後を絶たない。ちょっとした発言を捉えてブログが炎上するのは日常的になってきた。ましてや今回のような批判は、基本的人権に対する挑戦であって断じて許すことはできない。

もし国会議員を20代から60代まで務める女性議員がいたら、この論で行くと妊娠してはいけない、できないことになる。公人が妊娠することが私人と何の区別があると言うのか。職務放棄かに至っては、女性の職業選択の自由を否定する蒙昧な暴論だ。またもし鈴木貴子さんや宗男氏を快く思わない人たちのいちゃもんだとすれば、最低の馬鹿どもだ。

こんなさもしい連中の嫌がらせに負けることなく、元気なお子さんを生んで欲しいと心より念願する。

 

 

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top