元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

飲み水の無い総合公園について。再 大恩人のこと、田中夏木元市長のご尽力を知って欲しい。どんな思想があればこんなバカな事業ができるのか!?

昨日のブログで、四條畷市総合公園というスポーツ公園に飲み水が無いことをお知らせした。その中で、何故、電気通信大学との共同事業として当初に認可されたものが、原状回復せずに、大学からこの土地を購入して市単独事業で行えるようになった過程について書く。

大学がグランド整備を終えたあと、市が当初の約束通りの管理や整備を行わなかったことが永年の問題となって、その過程で学校側から整備に掛かった費用18億円程を賠償せよとの訴訟が起こされかねない状況になっていた。そこで田中夏木元市長の依頼を受けて中央に働きかけて頂いた国会議員さんがおられた。そのお陰で、一般開放する公園としての交付金が下りるようになり、学校とは関係なく市の単独事業として公園事業を行えるようになったのだ。いわば、国のお墨付きを頂けた訳だ。その後、大学との話が纏まり、安く購入することができたというのが過程だ。その議員さんのお名前書かないが、本市にとって大恩人であること、そういうことがあったことを知って頂きたい。

もし裁判を起こされ負けて18億円を払い、その上で、整備前の状態に回復させられていたら、どれほどのお金が掛かっただろうか。必死で問題解決に奔走された故・田中夏木元市長さんや、この国会議員さんの熱意が市の危機を救ってくれたわけだ。だからこそ、あの公園に今さら14億円もかけて整備することの勿体無さを僕は言うわけだ。

今の状況、どうだろう? 公園に行く為には有料道路400円掛かる、自転車や徒歩は通行禁止、飲み水は無い、雨が降ると人工芝グランドには側面から土砂が流れ込む、サブグランドが無いからまともなアップもできない、人工芝グランドを囲むフェンスが低いから蹴ったボールが外へ飛び出し、しょっちゅう駐車場の車に当たる、横が谷になっているからそっちへ飛び出したボールは転がり落ちる、そこにはマムシがいる可能性がある、観客席が無い、年間管理費4400万円垂れ流し、駐車場ゲートだけで年間500万円近い維持費、などなどきりがない。思想が全く無いのだ。

なでしこを呼んで活性化させたいと夢見てた向きもあるが、練習の様子を公開するだけでも入場料を取って、グッズも売って、いろんな収益を上げて運営しているのがプロだから、観客席も無いところにプロが来るか? 夢は布団の中だけにして欲しい。

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top