元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

第4回総合教育会議が開催され、南中一時休校時の制服・通学問題などが議題に。バス通学で保護者負担は絶対にさせるな!

今朝の10時から委員会室で第4回総合教育会議が開催され、通学・制服などの問題が議論されました。①南中から畷中へ転籍する生徒さんは、南中の制服をそのまま着用できます。②または、畷中の制服を新たに購入する場合は、校則上指定のあるものについては市が負担する方向です。③一定以上の通学距離に該当する生徒さんには、自転車通学は認めず、近鉄バス・電車の利用を認める方向ですが、今日の話では保護者の一部負担を求めるような発言がありました。僕は絶対に反対です。

今回の問題は、行政の一方的な、しかも拙速な統廃合が背景にあり、保護者・生徒には何一つ瑕疵が無いどころか、一方的に大きな運命の波に呑まれることになったのです。ある委員さんは、楠公に住まいする人から聞いた話として、親子で畷中まで歩いたが大して問題ではなかったと聞いたと発言しましたが、天気の良い日に親子でしゃべりながら歩くのと、雨風の日に重い荷物を持って通うのとでは全く話が違います。やっぱり、教育委員会は世間とずれていると改めて思いました。

生徒・保護者の意向調査をしっかりやって、バス利用の予想者数をはじき出して財源議論をするべきであって、端から保護者に一部負担させることを議論するなど、とんでもない暴挙です。

この中で、あずま市長が「南中から畷中へのシャトルバスはどうでしょう」という提案をされたことは高く評価します。なぜなら、今回の問題は、あくまでも一時休校の対策であって、南中の生徒さんを一時期だけ畷中で勉強して頂くために転籍させるというものだから、朝、南中へ通常通り登校して、スクールバスで畷中へ送ると言うのは良い考えです。バス事業者と調整すれば充分可能だと思います。そして帰りは、東小学校北か東中野で四條畷行きのコミバスに乗れば良いのです。コミバスなら義務教育の中学生を無料にする理屈も充分立つと思います。

次回、7月26日〔水〕の第5回総合教育会議で一定の結論を出すとのことですが、行政の都合で振り回される生徒・保護者に金銭的負担を一切させてはならないという立場を変えることは一切無いことを行政側の皆さんにお伝えしておきます。

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top