元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

児童公園を整備もせずに、何が総合公園14億円、管理費年間4400万円か! 賛成した議員は正気か?

今日街宣中に、岡山東の男性から岡山東5丁目の青少年コミュニティー広場付属の児童公園について、滑り台に付属した砂場が水浸し、あふれた水で広場がえぐられている、男子トイレの電気が切れている、という苦情を頂いたので直ぐに現地に直行した。写真通り、深いところで13センチ程も水が溜まっていて砂場とは言えない。えぐれた部分も延長で30mくらいはあり深さも結構あったから子どもさんに危険だ。電灯はデイライト〔夕暮れになると自動で点く〕方式なので切れているかは確認できなかった。内容を纏めて教育委員会へ依頼に行った。

さて、こんな身近な公園がこのザマだ。大阪市内なら、公園の砂場は猫が入らないようにフェンスで囲ってある。14億円の何十分の1でも、子どもが安心して遊べる児童公園に整備できるのだ。川崎池公園でも幼児が遊べる遊具すら無い!

さて、先日の6月議会一般質問で、藤本議員が畷中東側の市民公園への導線道路がガタガタだとか、整備の必要性を訴えていたが、そんなことは僕等があの総合公園計画が出てから口をすっぱくして、先にするべきことがあるだろう、先ずは市民グランドと周辺を快適に整備することが先では無いのかと行政に訴えていた。何を今さら次郎だ。ましてや藤本議員は総合公園整備に賛成したがこれは誠にもって不思議なことだ。使いやすい市民グランドの整備を真剣に考えていたのなら、僕なら先ずは、それを優先しない限りは総合公園には賛成しないぞと、行政側と駆け引きをする。政治家のスキル・責任感とはそう言うものだ。僕は14億円の整備費、年間管理費4400万円の永遠の垂れ流しに異を唱え無かった議員の責任を問い続ける。

 

 

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top