元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

31日の代表質問に備えて実地見聞。河内長野の観心寺など。

明後日の代表質問で、楠正成・正行親子を取り上げるので、久しぶりに河内長野の観心寺へ行ってきた。ここは楠正成公が幼少の時に勉学を学ばれた場所で、その場所は中院という塔頭だ。今も楠公学問所の石碑が立っている。またここは、湊川の戦いの後、正成公の首が送り返されてきたときに、正行公が儚んで自害しようとしたのを母の久子夫人に押し留められた塔頭でもある。大楠公の首塚にお参りして忠孝を全うされた親子の人生に思いを馳せた。観心寺は役行者の縁の地で行者堂があり、また弘法大師空海が通りがかりに大きな霊気を感じて、北斗七星をお祀りしたのを起源として興された真言宗の寺院でもある。後醍醐天皇のお子様である後村上天皇の御廟もある。今は新緑の美しさに圧倒されるが、秋の紅葉は夙に有名だ。是非訪れて頂きたい場所だ。

今回、地元の観光ボランティアの方に付いて頂いて約1時間、色んなお話を聞かせて頂けたのは本当に有り難かった。そこから、千早城跡~楠公産湯の井戸~楠公生誕地~歴史資料館を廻った。

この春、6市町村が連携して、楠公親子の忠孝の生き様をテーマとした日本遺産認定を目指したが残念ながら見送られた。僕は、正行公が「かへらじと」の辞世の句を扉に刻み付けられた如意輪寺や南朝の御所があった吉野、四條畷の戦いに210人が出征したと記録の残るる地で、これも一時南朝の御所があった賀名生(あのう)がある五條市などとも連携して日本遺産の認定を目指そうと提案するつもりだ。

 

 

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top