元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

建築家ヴォーリズの代表作 関西学院大学上ヶ原キャンパス

今朝の産経新聞に、6月3日に関西学院大学の上ヶ原キャンパスを訪れる「W・М・ヴォーリズ建築を学ぶ~ヴォーリズが遺した学び舎 関西学院大学~」というイベントがリビングカルチャー倶楽部主宰で行なわれるという告知が掲載されていた。私事で恐縮だが、僕は高校時代は英語・国語・社会=日本史ならかなりの自身をもっていたが数学・理科がからっきしダメで、どうしても五教科受験の国公立はあきらめていた。模試では早慶も充分合格圏内だったが東京で下宿して私学へ行ける様な状況ではなかった。そこで早くから同志社に絞っていたのだが、見学に訪れた関学の美しいキャンパス・建物・雰囲気に圧倒されいっぺんに虜になってしまった。そして受験前に色々調べてみると関学の生い立ち・教育内容などに惹かれて行った。当時は学部に入ってもすぐに専攻科は決めずに2年間の基礎ゼミで基礎能力を高めてから選科を決めるという方針にも共感した。その後、同志社も合格したが結局、関学を選んだという経緯がある。ちなみに小池百合子さんは関学社会部の中退生である。

あの中央芝生・学部の重厚な建築・ランバス礼拝堂、白鳥の池、そして懐かしいコープの喫茶室や業者食堂の大盛りカツカレー。いつも吹奏楽部などの演奏練習が響いていた学生会館。足を伸ばして幾度となく登った甲山。上ヶ原のコンパ屋さん竹久で騒いだこと、正門前の喫茶みちくさにあったジュークボックスでよく聞いた「 落ち葉のコンチェルト 」や「アローン・アゲイン」。先日亡くなったペギー葉山さんの名曲「学生時代」は彼女の出身校である青山学院がモデルになっているが、我が関学もその雰囲気では負けてはいない。ただ、友達が悪かったなぁ。僕をダークサイドへ引き込んだ松山・堀川・三上、いつまでも悪友でいてくれよな。

閑話休題。このイベントの参加費は2260円で上ヶ原キャンパス正門前集合。問い合わせはリビングカルチャー倶楽部 0798-33-3700 是非、上ヶ原キャンパスの豊かな雰囲気を醸し出すヴォーリズの遺した建築とその歴史をお楽しみ下さい。

EPSON DSC picture

 

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top