元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

市は私道改修用の資材を斡旋してはどうですか?

街頭活動を続けていると、道路の補修を依頼されることがかなり多い。その度に現地に赴き写真撮影して、傷んだ程度を確認してから市役所建設課に依頼に行くのだが、ときどき、役所の道路台帳で調べて貰うと「私道」だったと言うケースがある。こんな場合は依頼主さんの所を訪問して、調べたら私道だったので市役所では対応できないんです、とお詫びに行く。自宅前の道路が自分の持ち出しであるとか開発業者の所有だとかを知らない御家庭が非常に多いと感じるのだ。

これらの殆どが自宅前の道路の陥没・舗装のめくれ・下水蓋の周囲の段差などである。レミ・アスファルト〔レディーミックスト・アスファルト=常温で袋詰めで販売されている〕で埋めて、上から何かで圧を掛ければ〔木片を乗せてそれを踏むとか〕済むような案件が殆どなのだ。

一方で、依頼者は概して高齢者住宅が多いし、レミー・アスファルトのこともご存知ないし、どこで購入したら良いかも分からない家庭だ。ハイスペックのホームセンターへ行くと30キロ入りが1000円余りで売っているのだが、一般の方々はそれが連想できないのだ。

昨日も雁屋の高齢婦人から依頼があって調べたら、残念ながら私道だった。このご家庭の前面道路は幅員が4メートルあり、両端が市道に接続しているから、てっきり市道だとおもっていたが調べたら「私道」であって、このご婦人ご自身もそれをご存じなかったのだ。つまづくと危ないのでめくれ上がった舗装を取り除くぐらいしかお助けできなかったので心苦しかった。

このようなケース、僕は市役所がレミーを販売してあげれば良いと思う。「私道だから改修できません」で終るのではなく、こういう方法もありますよと教えてあげて資材も斡旋してあげたら大変喜ばれると思う。あとはご自身で簡単に施工できるのだから。この程度ならアスファルトを販売する民業圧迫になる筈も無いと考えるのだが、市長さん、是非ご一考をお願いする次第である。

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top