元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

心配していたことが現実に 水道事業、市民の安心はどこへ行った? 

この4月1日から、四條畷市水道局は無くなり、大阪府広域企業団へ移管された。それについて僕はこの問題が提起されて以降、一貫して協議の内容の中でどうしても市民の安心の為に必要な事柄は書面で示せと主張してきた。ところが水道局長や課長は、「信頼関係があるから書面にしなくとも大丈夫です」とぬらりくらりやってきた。一昨年の9月議会でいよいよ「大阪広域水道企業団の共同処理する事務の変更及びこれに伴う大阪広域水道企業団規約の変更に関する協議について」採決する時がやってきた。

詳しくは議会の議事録を市ホームページで見て欲しいのだが、まだまだ諸問題が解決していない中で、僕はたいがい突っ込んだ質疑を行い、やはり採決するには審議があまりにも不十分だとの認識があってので、「いろんな問題点をやっぱりきちっと解決してですよ、職員の身分の問題についても、やっぱりこれ採決に当たって、まだ何もこの明細決まってない、これは事実やと思います。そういうもんがちゃんと決まってですね、我々は安心してこれ賛成したいというふうに思いますんで、改めてですね、これは委員長に賛成を前提としてですよ、あと集中審議されるか何らかを議運にでもかけていただいてやっていただきたい。もし、それがかなわないんであれば、僕はやっぱりこの状態では責任を持って採決に加わるわけにはいかない」と述べた。

さて、話を元に戻して、わが市では従来、学校や飯盛霊園などの公共施設内で漏水や破裂事故があった場合、水道局が職員を派遣して応急止水栓を設置する等を行なってきたと聞く。それがこの4月からは一切行なわないとの話だ。これでは話が違うとしか言えない。緊急対応については従来通り万全を期すと言い張ってきた理事者、説明せよ。

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top