元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

今日の市民相談は動物がらみが3件も

今朝もお昼まで栄通りで街頭活動を行なった。始めて30分位したら年金組合だとかの人達が来て、僕の横に立ってスピーカーでがなりたて始めた。あの人たちって、ほんま唯我独尊。街頭宣伝で先客があればせめてマイクは遠慮するのが大人のマナーちゃうんかいな? 演説している人は、戦争法案反対・スパイ防止法反対・森友学園は安倍があやしいとかも言っていたが、まず自分達のマナーを何とかしようよ。それが嫌なら朝早くから場所取りしようぜ。

さて、最初に話しかけて来られた老婦人。野良猫の殺処分をやめるようにして欲しいとのこと。ご自分でも何匹かの野良猫を引き取って不妊手術をしたが行政がそれをやるべきだとのご意向だ。う~ん。確かに殺処分は可哀想だと思うし、一方では平気で捨て猫をする人達のこと、野良猫に餌をやり続ける人たちのこと、軽々に返事が出来なかった。他の自治体では野良猫の不妊手術などを行なうNPOに助成金を出しているところもあるらしい。一度しっかり調査しますとはお返事をさせて頂いた。

次の人は、近所の人が飼い犬の糞を自分とこの前の権現川に捨てることのご相談。多分散歩の時に紙で掬い取った分を紙ごと投げ捨てるのだろう、土手に紙がいつも引っかかって汚いとのこと。これは今日河川管理の部署に善処を申し入れた。

3番目の人は、岡山地区の人で、自分の家の近所にある文化住宅の空き家に野良猫が住み着いて繁殖している、その猫達にどこからくるのかお婆さんが毎日キャットフードをやりに来るとのこと。大阪府の環境条例で飼われていない鳥獣への餌やりは禁止されているので、市の方から現状確認を行なって頂くよう申し入れる。

この前も東京のある中央官庁の庭に住み着いた野良猫に餌やりをするおばさんがニュースで取り上げられていた。可哀想だと思う気持ちはわからんでもないが、その行為が益々不幸な野良猫を増やすことには気が回らないのだろうか。猫も犬みたいに登録制にして猫戸籍でも作るしかないのか、なやましい所だ。しかも猫の糞尿はめちゃくちゃ臭い。近所迷惑もいいところだからなぁ。

※こういうお話をしている最中には話しに割り込んでくる人もいて、大いに盛り上がることが往々にしてある。今日もそうだった。市民の声を直接聞かせて頂ける、誰よりも身近な市会議員であり続けようと改めて思った。

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top