戦没者追悼式

今日午後から四條畷市市民総合センターで、四條畷市戦没者追悼式がしめやかに執り行われました。300有余の英霊に心よりの献花を捧げご冥福をお祈り申し上げました。祖国を守るために、散華なされました英霊に対し、改めて感謝の誠を奉げます。

戦後70年を過ぎ、大東亜戦争があったことすら知らない世代も増えていると聞きます。戦争の悲惨さ、また、国家を守り抜くことの崇高な信念の尊さを後世に伝えて行くため、薄っぺらな観念的平和主義と戦い続けることが必要です。

蒙古は遠くウクライナまで侵略し、虐殺・略奪の限りを尽くしましたが、侵略された国が蒙古を先に脅かしたことはありません。否、蒙古の存在すら知らなかったと思います。自分だけが平和平和と唱えていれば他者から侵略されることが無いと、寝言みたいに繰り返す「観念的平和主義者」こそ、国を滅ぼす元となることは間違いないでしょう。瞑目

img_20161013_132221 img_20161013_132611