元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

住民訴訟決起集会。地方自治をもっと勉強しよう。

昨日午後からこのたびの住民訴訟に関する勉強会ならびに決起集会が開催された。今週9月9日〔金〕午後1時20分から大阪地方裁判所で第一回口頭弁論が行なわれる。訴訟内容の説明・傍聴参加・カンパの呼びかけなどが約2時間、大勢の参加者は熱心に耳を傾けていた。

さて、今日も栄通りで、総合運動公園のこれからの整備計画と巨額の費用、管理費の永遠の赤字などについて演説していると、一人の方が、それって議会で決まったことでしょ、と言われた。言外に、今さらお前は何を言っているのか、ということだろう。今年度の事業費については賛成多数で議決されたのは事実だが、これから先、野球場・トレッキングコースなどの整備に10億円近いお金を投入する計画はあるが何もそれまで議会が承認したわけでもない。毎年2700万円も管理費が垂れ流しになることの対策については何も聞かされていない。今後の議論が待っているのだ。

だいたい、この公園については市民の批判がものすごく多い。有料道路で自転車・バイク・人の通行禁止。歩いてなど到底行けない。一日ハイキングだ。サッカースクールでは、市からの働きかけで人工芝グランドでの練習を取り入れるようになったが、使用料・送迎のバス費用などで、月会費が1万円にもなり、続けられないなど父兄からの悲鳴が上がっているのだ。僕も当初から委員会で危惧することを指摘して反対したが、激甚災害時の自衛隊ヘリポートに活用するとのことで、今年度予算については本会議で賛成した。

ところで、先週2日の金曜日、畷中・西中の整備事業費役30億円の契約案件の審議があったが、殆どの議員が質疑もしない。そこで僕は自由討議の時に、この契約書を読んだ人は手を上げてくれと言ったが誰も手を上げない。質疑もしない・契約案件の契約書も見ない、これで、議会で議決したことに文句を言うなという市民の方がおかしいだろう。地方自治法では、そんな時の為に、市民の権利を守るため、住民直接請求・住民監査請求・住民訴訟などが認められているのだ。ヒットラーだって、何も暴力革命で権力を握ったわけではない。ワイマール憲法下で、合法的に選挙を経て政権を握ったのだ。それでは問う。合法的に権力を握ったナチスが議会で多数を取って色んな議決をして政権運営を行い、最後はご存知の通りだ。合法的に議決したことがずべて正しいのか? それとは言えないことは明白だ。歴史が証明している。

IMG_20160901_112210_2CS

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top