元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

議長のたらい回しは、ピザの切り売りか薄めたスープ。誰が尊敬するものか。

近年、地方議会・地方議員に対する市民の目線は益々厳しくなると同時に、何も期待しないという人が増えて続けているという調査もあります。これは、思うに、本来議会が果たさなければならない行政判断のチェック機能を、自ら放擲し、首長の権力に追随し、むしろ一体化していることへの、市民の憤りと、それを超えた諦念が蔓延しているということであります。行政提出議案が100%承認されることが常態化しているのを見れば、誰でも、あ~、馴れ合いやなぁ、って思うんじゃないでしょうか。〔現に、我が議会でも先の住民直接請求の審議で、発言すらしない議員が沢山いました〕

今や、地方議会不要論が蔓延する状況でありますが、何故、このような事態に陥ったのか。産経新聞の検証記事にもありますが、一つは地方議員が、その高額な報酬に報いるだけの、調査研究・議員活動を行なっていないと、市民の多くが感じているからであろうと推測されます。また、議会の常識は世間の非常識とまで揶揄されることも多々有ります。

さて、今年も各地方議会の多くで、議長選挙が行なわれつつあります。本来、首長も議員も任期は同じ4年であり、議長も当選後に選出された人が4年間勤めることが当たり前であって、地方自治法でも議長を一年交代でたらい回しするような事態は想定していないのであります。

ところが、あちこちの議会では一人でも多くの議員が議長に就任できるように、1年で辞表を出して交代することが常態化していますが、これは法の趣旨を逸脱し、まるでピザの切り売りのように、議会自ら、その尊厳を損なう行為に走っているものと断言できます。当然4分の一の目方しか無いのだから天秤に載せれば圧倒的に行政の勝ち! スキルも上がるはずが無い。

市民は、誰が議長をしているかなどは殆ど知らないし、また、知ろうともしないのですから、当然の如く議長さん以下議員さんも尊敬・尊重する気も起こらないでしょう。4分の一に薄めたスープが美味しいはずもありません。二元代表制の一方の旗頭である議長は、一人の人が任期4年を全うすれば、少しは市民の目も変わってくるでしょう。権威とはそういうものです。

僕は、そんな馬鹿馬鹿しい儀式に付き合いきれないので、議長選挙も他の役員選挙も退室・棄権しました。

128902s 128030s

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top