元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

早春の柳生~月ヶ瀬

梅から櫻に主役が変わろうとする季節、少し肌寒い中、奈良の柳生へ行ってきた。何度も来ているところだが、今回は、柳生石舟斎宗厳が天狗と剣術の稽古を行なっていたという天石立神社(あまのいわたてじんじゃ)へ。もちろん式内社であるが巨石を御神体に祭る上古の信仰形式であるから、その創建も詳しいことは調べようも無い。ただ伝説では、天岩戸にお隠れになった天照大神様に再びお出まし頂くために、手力雄命がその扉石を力一杯引っ張ったところ、力余って高天原からこの地までその巨石が飛んできたという。その巨石の前に小さな拝殿があるだけの、精霊を感じさせる神秘的な神社だ

その奥へ50mほど行くと、縦に真っ二つに割れた大きな花崗岩がある。一刀石と呼ばれ、長さ 8m、幅7m、高さ2mもある巨石だ。後に柳生新陰流の始祖となる石舟斎宗厳が3年間、この地で天狗と剣術修行をして、あるとき、一刀の元に天狗を切ったと思ったところ、何とこの巨石を切り裂いていたというのだ。さもありなん、切り口の鋭いこと。

柳生から月ヶ瀬へ廻ったが案の定、梅は殆ど終っていて湖の畔では櫻の蕾が大きく膨らんでいて既に開花しているものも。ちょうど昼食時になったので、吊橋のたもとの休憩所へ行った。ここの地鶏の親子どんぶりが美味しいので楽しみにしていたが売り切れとのことで、天ぷらうどんと炊き込みご飯のセットが850円。おいしさで超満腹になって帰路についた。

四條畷市から柳生までは1時間半ほど。そこから月ヶ瀬まで30分。4月3日は月ヶ瀬の櫻祭りが行われる。

DSCF3357 DSCF3360

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top