元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

住民直接請求・経過報告会

昨日、市民総合センター展示ホールに、直接請求署名に従事して頂いた皆様のうち50名ほどがご出席を頂き経過報告と今後の運動方針について話し合った。

捺印の必要・生年月日等の個人情報の記載・代筆の不可など非常に大きな制約の有る中で、4300名を超す署名が集まったことの重大さを先ず再認識した。住民直接請求は各地で行なわれてきたが、人口が5万程度の市町村で4000名を超すのは非常に珍しいのではないかとも言われており、普通の署名なら優に15000名を超していたであろう。

4月後半にも召集されるであろう臨時議会に向けての活動方針が了承され、さらに運動を加速させる為に、「長寿命化の検討を義務付ける条例」制定請求署名を今週末から開始することになった。これはこれで本邦初の事例となるであろう、住民負担を大きく軽減する画期的な条例である。今回のわが市の学校統廃合整備に置き換えれば、住民負担は約3分の1になるのだから、これを反対する議員がいたら驚きだ。

既に大手マスコミの取材も受けており、その感心の高さにこちらが驚くほどで、思想や政党などには何の関係も無い市民運動の底力を感じるこの頃だ。〔森本が共産党と組んでいる、と或る議員が吹聴してきたと人から聞いたが、本当に、さもしいことで、この運動を応援している人の中には多種多様な人がいるのであって僕もその一員に過ぎず、住民の立場を考えないような議員は必要ないと断言できる。また幾ら僕が一生懸命になっても、方向性が間違っていたのなら誰も乗っては来ないだろう。この巨大なストリーム、軽く見ないほうがよろしいで。〕

会の最後には、1600万円のコンサル支出に対する監査請求を行なうことを決めた。この問題に対して去年秋、ほかの団体が行なった監査請求に対して、いい加減な結論をだした監査委員会の返事についても係わった議会選出監査委員の責任を問うことも含め〔なぜなら昨年12月末にその計画に基づいて公募された入札にただの一社も応札しなかった、つまりはなんの価値も無いコンサル事業費を正当とすることの不見識〕、これからの戦いを結束して進めて行くことになるだろう。

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top