元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

同志を求む!特に田原地区 + 今日の代表質疑

先日小欄で、次期統一地方選挙で共に闘ってくれる同志を求めます、と告知したら反響があり、優秀で有望な人が数人現れました。本当に嬉しい限りです。そこで、今回は、田原地区で意欲のある人を募集します。保守的価値観を共有できる人であれば大歓迎です。是非、僕の事務所へご連絡下さい。懇切丁寧に指導助言させて頂きますので心からお待ち致しております。真の住民自治実現の為に、共に闘いましょう。〔なお、この呼びかけは政党とは何の関係もありません〕

さて今日の代表質疑で私は、4300を超える住民直接請求の声は、生年月日を記す・印鑑が要る・親子夫婦でも代筆ができないなど非常に高いハードルをクリアしてきているので、優に15000以上の声だと申し上げ、四條畷南中・四條畷小学校などの廃止反対の声に耳を傾けるべきだと、土井市長に質しましたら、いきなり求めてもいない教育長の答弁があり、思わず椅子から転げ落ちそうになりました。

そこで、プロデューサーでありディレクターであるトップとして今年度の教育環境整備に対する考えを聞きたいのだと再答弁を求めましたが、市長は直接請求の重みに触れることすら無く無視して「木で鼻をくくった」答弁で、計画を進めるとお答えになりました。予想していたとは言え、本当に市民感情から遊離した市長だと感じ、寓話を思い出しました。〔さて、求めてもいなかった教育長の答弁は撤回するように申し入れましたが無視されました〕 ※市長は、公明党議員からのデマンドタクシー実現への要望に対しても厳しい印象を与える答弁をしていましたが、これは総務委員会で四国に視察に行って大変住民に優しい施策だと皆が共感した施策で、山を控える四條畷市にとっては大変有効だと考えられるもので、僕も早期実現を熱望している問題です。

ps. 先日、学校統廃合計画にからむ発注に関連して、入札が不調に終ったあとの今年になって業者と競争的対話をしたことについて、その内容の情報公開請求を行ないましたが、黒塗りの資料が示されました。一方、去る23日の予算委員会で私の質問に対して、昨年の公募時に手を上げていなかった業者とも競争的対話をしたとの答弁がありました。これは大変由々しきことで、個人的には公正取引委員会マターであると思っていますので、本日あらためて情報公開を求め、今年になって接触した業者名などを開示するよう求めました。これに対する対応が不誠実な場合には、異議申し立て、続いて開示請求の訴訟を起こすことになると思います。

また現在、1600万円のコンサル発注について、議会答弁で大きな疑問が湧いています。明日からの予算委員会の質疑で明らかにして参ります。全ては市民・納税者の立場に立って頑張りぬきます。

※更に、28年度予算案を審議もしていないのに、その補正予算案を出してきたことに対しては、多くの人から疑念が寄せられています。また上程を認めたことにも多数の批判が寄せられています。行政手続法令上では可能といえども、余りにも無理筋。いわば憲政の常道に反する、永遠に残る恥部となるでしょう。

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top