元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

昨日は大とんど〔南中グランドにて〕

昨日は朝から南中のグランドで、大とんどがあった。とんど(焼き)は方言で、元来は左義長(さぎちょう)と称して小正月に無病息災などを願って行なう民俗行事だ。だから本来は小正月=1月15日の朝か前日の14日夜に行なうものが多い。私の育った奈良県大和高田でも「とんど」と言っていたが、調べてみると全国各地ではいろんな呼び名があって驚いた。あとで紹介する。

さて何故、左義長と言うか。辞書で見ると元々は「三毬杖(さんぎっちょう)」と言われていたらしい。毬杖(ぎっちょう)とは杖(つえ)で毬(まり)を打ち合うホッケーのような遊びで、平安時代の貴族が楽しんだそうだ。宮中清涼殿の東庭でその毬杖を3本結び、その上に扇子や短冊を添えて陰陽師が呪文を唱えながら焼いて吉凶を占ったのが起源とのことで、イメージとしてはバットを3本くくったものを立てて真ん中にボールを乗せたような状態か。さんぎっちょう→さぎちょう→左義長と転訛したらしいいが経緯は分からない。

とんど・とんど祭り・どんど・どんど焼き・さいと焼きに始まり、さいの神・才の神焼き・歳の神、新潟十日町では「黒塗り」、おんづろこんづろ(富山・宇奈月)、三九郎(松本市)、かんがり・かんがりや(長野南佐久)、グロ(島根県大田市)、おわんとり(千葉南部)、さぎっちょ(富山・石川など多数の地方)、しんめいさん(広島・安芸津)などなどさまざまで、関西ではおおむね、とんど・とんど焼き・とんど正月などと呼んでいるようだ。

とんどには、その歳に飾った門松・注連飾り・書初めなどを持ち寄って焼き、その火で餅や団子を焼いて食べる風習が全国にあるとのことだ。また、竹を燃やしているので燃え盛ってくると破裂して大変大きな爆発音が繰り返される。だから「爆竹」と書いて「とんど」と読ませる地方もあるらしい。

このようなことを調べていると、学生時代に柳田國男を始めとする民俗学の本を読み漁ったころが思い出されて懐かしい。もう一度あの頃に戻って勉強したくなってきた。

さて、この南中は来年には廃校すると市は行っているが、この学校を中心に「とんど」だけでなく、子ども達を通じて実に多くのコミュニティーが育ってきたし、また地域の人々も協力し合ってよりよい地域になるように学校を舞台として取り組んでこられた。この学校がなくなるとこれもできなくなる。子供が減ったからという理由だけで学校を潰してしまうのは、地域の連帯をも破壊してしまうことでもある。だから学校の設置・廃止には地域住民の充分な理解を得る努力を課すと法律に書いてある。昨日、無味乾燥な挨拶をしていた人々の心にはそのような思いは皆無なんだなと思いながら聞いていた。

DSCF2959 DSCF2962 DSCF2964 DSCF2966 DSCF2969 DSCF2971

 

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top