母校のKGファイターズ 関大を撃破 33対7

2016年7月6日

先週土曜日、長居陸上競技場で行なわれたアメリカンフットボール関西学院ファイターズVS関西大学カイザース戦を観戦した。前半は関大レシーブで開始。完璧なディフェンスですぐに攻撃権を獲得。パントリターンから数プレーで一挙に敵陣ゴールライン付近まで攻め込んだが、タッチダウンできずにフィールドゴールに。それがまさかのブロックにあって無得点。嫌なスタートだった。その後先取点を得たものの直ぐに同点にされた。その後もアフタータッチダウン後のゴールキックを3回もブロックされるなど、見ていて冷や冷やイライラの展開だったが、最終的には33対7での勝利。道中、2ポイントコンバージョンも成功させるなど、胸のすく場面も多々あった。次は立命戦。全勝同士でのファイナルマッチだ。ここ数年は関学が圧倒してきたが、今年の関学は何か集中力に欠けるというかピシッとしきれていないというか、不安なところへ立命がすこぶる調子が良い。ゴー・ファイターズ! 勝ち抜いて甲子園ボウルへ連れて行ってくれっ!

K0110009
K0110009
K0110010
K0110010
K0110011
K0110011