京大アメフト部の前監督、水野さん

産経新聞夕刊の「新・関西笑談」、今日が京大アメフト部前監督の水野弥一さんの最終回です。僕は関学OBですから毎年、アメフトの秋のリーグ戦は出来るだけKGファイターズの応援に行きます。一時期、京大ギャングスターズにこてんぱんにやられていた時代がありました。特に東海くんの時代は歯が立たなかったなぁ。憎らしいほど強かった京大を思い出しながら、産経の水野さんの連載を読んでいました。最終回の今日は、「本当のリーダーは規格外のところにいるのに、そういう教育(標準化が進み過ぎた)、風潮では、型にはまらない人材が育って来ない」、潜在的な力を見る教育が大切との言葉が胸を打ちました。あの頃の京大ギャングスターズは「野武士」でした。怒涛のような不動明王みたいな迫力・気力・体力・知力に満ち溢れていたギャングスターズ、輝いていたなア。僕は四條畷の野武士。戦うぞ!!