さむらいジャパン、お疲れ様でした。感動をありがとう!

なぜか残念と思わない今日の試合。本当によく戦ってくれました。まえけんのピッチングをはじめとして世界に充分通じる日本ベースボールを見せて頂きました。敗軍の将、兵を語らず。山本監督の爽やかなコメントも心を癒してくれました。ただ言えることは、選手はやみくもに肉体と技術を鍛えてきたわけではありません。またスター選手の陰に幾多の思い叶わなかったアスリートがおられるのです。いくら努力しても目的を達成することのできなかった人達に思いを馳せることは政治家にとって大切なことです。俺が頑張れたんだからお前達も頑張ったら結果が出るんだという傲慢な心が幾多の企業や組織で可能性ある人材をどれほど殺してきたでしょう。苦しんでいる人に、脳天気に「頑張れ」と言う人は自分は自分の言葉で幸福感を感じるでしょう。しかし「人」の苦悩は無限にあり、無限の苦悩に応えることは不可能だと思います。「努力」が必要なことは言うまでもありませんが、努力しても報われないことがあるのも人生の真理です。人に「努力」を強いることを私はできません。