生活保護行政の適正運営と不正受給根絶を

2016年7月1日

2012012014040000.jpg

写真は18日の産経新聞から。どこの自治体も生活保護を始めとする扶助費の急激な増加に苦しんでいます。各自治体は特に生活保護の適用を厳格化しています。そうすると比較的に適用基準が弛いと思われる自治体に流れる傾向があると言われて来ました。今、来年度予算の査定が行われています。3月議会に間に合わないので、私は不正受給根絶を含む適正化チームの創設を市長、副市長に申し入れました。議員の口利きが圧力になるとの現場の声を聞きます。私は今後も厳しく改善を追求しています。