元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

高浜原発再稼動禁止の仮処分について

昨日、福井地裁で高浜原発の運転再開禁止の仮処分が決定された。1裁判官による司法テロと断言できる異常な判決だ。
特に問題なのは、今回の住民訴訟審理の過程で、原子力の専門家に対する聴取を全く行なっていないことである。
判決では「人格権」を持ち出して、原発のゼロリスクを証明できなければ再稼動させないとしているが、世の中にゼロリスクなぞは存在しない。また科学技術は人類に多大の利益をもたらしてきたが、その発展においてより安全性の確立に努めてきたのも事実である。
裁判所によって同じ案件に対して違う司法判断が為されることが多々あるが、今回のように、何よりも科学的知見を精査することが求められる裁判で、その努力を一切せずにこのような仮処分が決定されることは異常である。
この裁判官は以前にも科学的知見とはおよそ無関係に原発に関する判決を出している人物である。
司法の独立とは、科学を無視した観念論までをも容認した考えでは無い筈だ。このような事態が起きない為の憲法議論を進めることが急務となってきた。今後同様の判決が続くようであれば経済は破壊され国の力が奪われていく。公平な制度の下での専門家の知見を絶対条件とする裁判制度が確立されなければならない。国を滅ぼす権利など、どこにも無いのだ。

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top