元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

電力需要の根拠について、さらに、原発の必要性について。ヒステリックになって経済をつぶしてはならない!

昨日の防犯灯にまつわる記事について、質問が寄せられましたので若干補足させて頂きます。私は、関電を始めとする電力会社の情報公開そのものに問題があると思っています。国民も、何かうさんくさい匂いを嗅いでいると思うんです。先日、東電の収益の7割は一般家庭契約で生み出されているとの報道がありました。昨日書きました「需要家料金」などもその典型でしょう。我々はもっと情報公開を求めて行くべきだと考えます。一方で原発のことですが、即時全廃のようなヒステリックな議論が巻き起こっています。とんでもない暴論です。目標をきちっと決めて、徐々にエネルギー政策を転換していこうという落ち着いた議論が今最も必要なことだと思います。原発事故以降の政府の迷走を見て、また一昨日の枝野氏、昨日の菅氏を見ていて、なおさら「人災」との思いを強くしました。経済破たんしたら、環境も理想もあったもんじゃない。ここは政府は信念をもって国の存続を掛けて原発を再稼働させるべきです。また、火力発電所に依存することによるCO2の排出量問題が、全くと言っていいほど報道されません。後進国による先進国へのたかり・ゆすりのような排出量の取り決めと取引。国富があっという間に流れ出てしまう危機を何故マスコミはとりあげないのか。よく、一億総懺悔とか、一億玉砕とか、この国の文化の危うさは、危機にあたって個人個人が冷静な判断をしない、情緒に流されて、気がついてみるといつもろくなことになってこなかった歴史。今、太平洋戦史を読み直しているんですが、破滅へ向かって突き進んで行った歴史を、今われわれは再び歩もうとしていると思えてなりません。原発即時廃止、いいでしょう。しかしそれで経済が破綻して、国債が暴落し世界に誇る日本国民の金融資産が吹っ飛ぶ、企業はあっと言う間に外国へ逃げて行く、仕事が無くなる・・・悪夢を見ているようです。もっと冷静になって着実に行きましょう。さらに、消費税上げ、今は全くナンセンス。死にかけの病人に劇薬を与えたらどうなるか、誰でもわかりますよ。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top