元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

筋を通すか否か、それが政治家と政治屋との分かれ目だ。

大阪では維新の旋風が吹いて、この数年は飛ぶ鳥を落とす勢いだった。告示の直前に公認を貰った無名の新人が議席を得たケースも多数ある。誠に「風」とは恐ろしいものだ。
ところが「慰安婦発言」を一つの契機に、その風も威力を無くしてきたように感じられる。そうなると維新のお陰で当選した政治家は尻がこそばくなってくる。
「私は維新公認ではなく、推薦だったのだ。元来は自民党です」と平気でノタマウ御仁も出てくる始末である。
市民にとって公認か推薦かは殆ど関係ない。間違いなく「維新」に投票したのだろう。
しかし、この手の御仁は要は勝つためなら何でも良い。○○市長の・○○知事のと連呼するばかりで、元々主義主張などのかけらも持ち合わせない政治屋と断言できる。風がやんできたら、○○市長の政党からは単に推薦貰っただけですから、とシャーシャーとできる。○○さんも良い面の皮だ。
一方、維新の風がやんできて苦戦が予想されるなかでも、信念を曲げずに断固として維新の旗の下で戦っている現職も居る。維新の公約で議員定数の大幅減や選挙区の合区などがあって、自らが大変な状況に追い込まれても筋を通す。これこそ「政治家」だ。尊敬できる。身近にも居る。頑張って欲しい。
小泉ブーム・政権交代ブーム・維新ブームと、有権者は踊り踊らされる。その結果フリーハンドを与える訳だ。
となると、当選してこそなんぼの世界なら、主義主張なんぞ放擲して風見鶏で当選至上主義を貫くのが正しいのか? ん?
違うでしょう、少なくとも僕は政治屋にはならない。共産党は大嫌いだが、頑固一徹筋を通す姿勢は大したものだ。古巣に砂掛けて出て行って、次の朝からは○○知事の・・と言って当選。そして単に推薦貰っただけだから・・ ああ嫌だ嫌だ。

URL :
TRACKBACK URL :

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top