元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

消費増税にともなう低所得者への現金給付について

新聞報道などを見れば、消費増税にあわせて低所得者へ1万円とかの現金給付を行う計画らしい。また、生活保護費の増額も検討されているらしい。ちょっと待てよ。3党合意によって増税が決まったが、この増収分は増え続ける社会保障費に充当するのを根本としていたのではないか。毎年1兆円ペースで増えていく社会保障費。しかも急速に進む少子高齢化で、その社会保障費の負担を担ってくれる人口は減少する一方だ。自民党の悪い癖が出てきたようで、これではバラマキと言われて当たり前だ。

前の消費増税で景気が腰折れし、政権が崩壊した記憶が為せる技か。今回の増税については国民の多くが、社会保障の安定の為には仕方が無いと理解を示しているのである。国民を信頼するべきだ。姑息なご機嫌取りは絶対にやめて欲しい。
ここはそんなバラマキをやめて、公明党などが主張する食品や日用品についての軽率減税を先行してでも行うべきだ。
前に、民主党の子供手当てのときにも、親のパチンコ代に消えていったという話は腐るほどあった。

生活保護は自立支援の為の施策である。その趣旨からしても、生きていくための食費などが増税されないことの方が望ましい。むしろ減額して、その分をミールクーポン化し、不要不急・無駄な消費を減らすことが必要だ。パチンコなど論外だ。ただでさえ、国民年金を掛け続けてきた人の方が生活保護世帯より収入が少ない、との国民の不満は爆発寸前だ。

このバラマキ計画は、国民の人気取りにもならない愚策の極みである。安倍首相の英断を願う。

URL :
TRACKBACK URL :

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top