元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

恐れていたことが現実に。日韓議連

一昨日のブログに書いた、日韓議員連盟の訪韓に対し、国益を損なうことの無いように願ったが現実はあまりにも酷かった。共同声明に初めて慰安婦問題が盛り込まれ、遠山社会文化副委員長は「当事者たちの名誉回復と心の痛みを癒やすことができるような措置が早急に取られるように、日韓双方が努力することにした」と発言。
当事者たちとは何を指して言うのか。朝日が記事捏造を認めるのを待つまでも無く、いわゆる慰安婦問題で日本軍の強制連行はなかったことが明らかになっている。慰安婦の聞き取り調査で「日本の警官に腕を引かれて連れて行かれた」との証言があるそうだが、日本の朝鮮統治時代、警官はほぼ朝鮮人だった。下関などの慰安所に連れて行かれたとも言うが、そもそも国内には慰安所なんぞひとつもなかったのだ。
当事者とは何か? 嘘で日本から金を巻き上げようとする虚言者と、それを利用して反日の道具にしようとする連中〔福島瑞穂も含む〕たちの名誉を回復する? 全く以って、どこの国の国会議員なのだ。私が言ったように「飛んで火に入る夏の虫」そのものではないか。
また共同声明では「日中韓3国共同教科書実現のため、日韓両国の歴史教科書を翻訳して、参考書として活用することを検討する」と盛り込まれた。歴史を捏造し続ける中韓の過ちを糾すことこそ最重要なのに、捏造に捏造を積み重ねた両国の教科書を参考書にする⇒日本の子供達に読ませる。こんな愚かなことをわざわざ訪韓して約束する国会議員は、それで何か自分たちに大きな利益があるのかと疑ってしまう。次の選挙で落とさなければならない。
ピンポンやパンダ外交で、日本人は「日中友好万歳!」を叫んでいたが、その陰で中国は尖閣・沖縄を虎視眈々と狙い、国力・軍事力が付くまでは日本をおだてて油断させる国策であったことが鄧小平に関する書籍から読み取れる。
我々地方議員も、ありもしないことで日本国・日本人の誇りと名誉を損なおうとする国会議員に対して怒りの声を上げなければならない。朝駅に立って市民に媚を売りながら、本会議場で大口開けて惰眠を貪っているような人たちには無理だろうが。

URL :
TRACKBACK URL :

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top