尖閣は取られてしまうのか?あさはかな国有化が招いた悲劇が始まる。

政府が急遽、尖閣を国有化したのは多分、東京都が購入すると船溜まりの整備などに着手され、中国を刺激することになる、そっとしておこうと言う姑息な考えからだったのは間違いない。しかし、そのことにより国家間の問題に挿げ替えさせられ、中国の思うつぼに嵌まってしまった。本来存在しない領土問題に対して毅然とした対応をしないことが相手を増長させた。覇権主義中国の本質を見抜けないバカな政治家と役人の為した究極の愚策により、尖閣には中国旗がはためき、日本の漁船が近づくと機関砲で撃沈され、乗組員は殺されるだろう。そして次は、沖縄は「中国固有の領土で日本に不法占領されている」として、「沖縄は中国の核心的利益」だと言いだすのだ。