娘の成人式

娘が二十歳になり成人式を迎えましたが、小中高と国立に行っていましたので四條畷市に友人がありません。この学校ではそうした子供達の為に昨夜、卒業生だけで成人の集いを開催して下さいました。メイクしてドレスを着た娘は別人。目なんか普通の3倍。思わず笑ってしまいました。4月1日からは社会人です。生まれたときは力の無い声で、ほぎゃ~ほぎゃ~と泣いていたひ弱な赤ちゃんでした。小児喘息で死にかけたこともありました。夜中に病院へ走ったことも幾度やら。素直な人間に育ってくれたのが一番の喜びでしょうか。新成人の皆さん、僕もそうだったけれど自分一人で大きくなったみたいに親に偉そうな口を叩いていましたが、親の愛は海よりも深いことは自分が親になってみて初めて分るような気がします。。感謝の気持ちでこれからも親を大切にして行って下さい。幸福はそこから来るのだと思います。さて今夜は田舎の両親に会いに行こうか。