元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

固定資産税・都市計画税の取り過ぎが判明。

昨日の新聞に、四條畷市が固定資産税・都市計画税を、38件、約2000万円〔還付加算金や利息を含めると約2900万円〕も取りすぎていたことが報道された。

昨年6月には田原土地改良区の保有する宅地に対する課税を忘れ、数千万円の課税漏れが発生し、その半分以上が時効で徴収できないことが発覚した。

そのおり、私はこの問題を議会で取り上げ、「課税システムと地図情報システムを精査し、今一度十分な棚卸しをするべきだ」と申し上げたが、またこのような不祥事が起こり、一体どうなっているのか、と思ってしまう。

今回の発覚も、昨年の5月に納税義務者からの問い合わせでわかったことである。

今のケースでは還付すれば納税者の損失は解消されるが、少なくとも加算金や利息など約900万円は市民に損害を与えたことになる。

昨年のケースでは時効で徴収不能になった金額だけでも市民一人当たり1000円程度の損害を与えているのだ。その責任問題はいまだ解決していない。

また、今回の件では昨年5月に発覚しているが、正しくその同じ時に巨額の徴税漏れが議会に報告されていたのだが、この件についての報告は無かった。不可思議である。

3月議会が待たれる。

URL :
TRACKBACK URL :

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top