事実上の凍結を求める決議案採択される。校区再編・統廃合問題。昨日の本会議で。

2015年4月6日

昨日の本会議で、四條畷維新良政会・市議会公明党・畷市民クラブ所属全議員(議長を除く)による「学校規模適正化、校区再編、安全対策に関する決議」案が上程され、賛成多数で可決成立しました。恐らく四條畷市議会史上での稀に見る快挙です。議会の意思は、代議員制度である以上、最終的には多数決で示されるのが当然です。決議案の全文等は後ほどアップします。教育委員会は市民の意思を真摯に受け止め、審議会にも報告がなされると思います。今回のことにつきましては、冷静に強い意思を訴えられた市民の皆様の勝利です。激情や怒りはかえって交渉を難航させ、誤った判断に陥らせる危険性があります。議論を尽くし、賛同者を募り、王道を進めば道が開けると言うことを、皆様が実践されました。心から感謝申し上げます。