元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

予算特別委員会。四條畷市の無責任が更に明らかに。

昨日、予算特別委員会初日が開催され、27年度予算案の、歳入と歳出の一部について質疑が行なわれました。私は全国紙にも掲載された、固定資産税の取り過ぎ問題を取り上げて市の見解を聞きました。これは本来課税してはいけない土地などについて、約2000万円を誤って課税していたもので、市民からの指摘で発覚したものです。

当然、元金は返すのですが、問題なのは返金するときに加算金と利息もあわせて返さなければならないことです。その金額約700万円。これは市民が納めた税金から支払われます。

私は四條畷市の失策により、700万円を市民が負担しなければならないのに、市は責任を取らないのかと糾しましたが、何度もの質疑応答の最終に副市長答弁で、再発防止に努めることで市民の理解を得たいとの答えでした。市長は黙ったままでした。

以前に森本市長の時代にあった下水道料金の徴収漏れ数百万円が、田中市長のときに発覚したとき、田中市長は行政の継続責任を取って自らの給与をカットする処分を行い、トップとしての責任の取り方を示されたことがあります。私はそれを引き合いに出して、四條畷市も随分変わってしまいましたね、と、この問題での質疑を括りました。

こんな不合理なことは無いと思いませんか? 昨夜僕が関係する集会があったので、この話をしましたら、異口同音に、「そんな馬鹿なことは無い」 「何で市のミスを市民が補わんとあかんねん」 と、怒りの声が続出しました。

昨年も田原土地改良区に対する固定資産税の賦課漏れ、数千万円が発覚し、そのうち時効で徴収できない巨額の金額が発生しました=市民に損害を掛けた=が、本会議で土井市長に対し、田中市長の例を出して責任を取らないのかと糾しましたら、そんな考えは無いと答弁されました。

市民の信頼を損ねておいて、何一つ責任が明確にされない今の市役所、どうなって行くんでしょうね。

予算員会は今日も続きます。

 

 

 

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top