元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

主義主張はもっと外国で発信せよ。

ヘイトスピーチ反対、原発反対、人権蹂躙反対、外国人差別反対、自衛隊は要らない、と、国会周辺でも賑やかなことだ。
しかし、そのような人達が外国に行ってデモをしたとかは聞いた事が無い。
ヘイトスピーチ、勿論僕も反対だ。聞くのも嫌だ。では韓国や中国を始めとした外国で起こる反日の過激な行動・言動にはどうなのか。国旗や日本の政治家の写真が火を点けられ足で踏みにじられている光景はしょっちゅう見られる。日本企業の工場やスーパーが群集の暴動に襲われても「愛国無罪」。これ以上のヘイトスピーチ・アクションがあるだろうか。ヘイトスピーチ反対の人は是非、韓国・中国へ行って、そのような愚かな行為・言動に対して反対デモを行なって欲しい。

韓国や中国の工業製品の品質があまりよくないことは知られている。品質管理の根本的な精神が欠如している企業が多い。毒入り餃子もしかりだ。新幹線が脱線したら原因究明もせずに埋めてしまう、ニセ物を平気で作りまくる。本当に怖いのは、そんな国が原発を推進していることであり、一度大事故が起これば日本どころか世界中が大変な目にあうことは歴然だ。原発反対の人たち、なぜ中国や韓国へ行って反対運動をしないのか。まさか日本の原発は悪で中国の原発は正しいとでも言うのか。

人権蹂躙や外国人差別反対を言い募る人たち。今の中国に我々が享受している普遍的な人権が存在しているか?少数民族・法輪功・農民など、政府や行政を批判しただけで逮捕され拷問に掛けられ殺されて行く。産経新聞の記者が韓国の報道を引用しただけで名誉毀損だと言って拘束し出国を禁止して裁判にかける。日本の平和主義者よ、人権活動家よ、差別反対論者よ、一国も早くかの国へ行って反対運動を起こして欲しい。貴方達の行動が人類普遍の博愛という価値観に根ざしているのなら、北朝鮮へ乗り込んで、虐げられている人民を救済せよとデモを行なって欲しい。
昨日の産経新聞記者の裁判では、法定から出てきた記者の乗る車にタマゴがぶつけられたそうだ。なぜ抗議しないのか。それはヘイトではないのか。

ベトナムに平和を!と叫んでいた世代の人たち。いまも意気軒昂で「再稼動反対!・自衛隊反対!」とご苦労なことだ。確かにアメリカ軍は枯葉剤をはじめ残虐な行為を行なった。しかし一方でべトコンが一般市民に対して行なった幾多の残虐行為については何も言わなかったですね。
慰安婦問題を叫ぶ人。ベトナム戦争で韓国軍が行なった婦女子への無茶苦茶な性暴力・残虐行為については何も言いませんね。
原発を廃止したドイツに学べ!と自然エネルギー万歳の人たちはデモ行進をするが、ドイツが周辺国から原発由来の電気を大量に購入していることについては何も言いませんよね。
不思議の国のニッポンとはよく言われるが、一番わけのわからないのはこの手の人たちだ。アメリカの言いなりになるな!と叫ぶ某政党が、アメリカの押し付けた憲法を不磨の大典の如く崇めている姿も、不思議の国のニッポンの象徴的な姿だな。

URL :
TRACKBACK URL :

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top