元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

中国の不法行為を目の当たりにしても、まだ憲法解釈について神学論争で遊んでいて良いのか。

ベトナム沖での中国による不法石油採掘問題で紛争が起こり、現地の中国企業が襲撃される事件が頻発した。驚いたことに、と言うか、予測通り、中国外務省は被害にあった中国企業や人的被害に対して賠償を求めると絶叫している。 ?  先の中国でも反日デモで今回とは比較にならない被害が日本企業に及んだが、中国は何と言った。愛国無罪。愛国のためなら何をしても良い、暴徒は愛国心に駆られて日本企業を襲撃したのだから賠償する必要は全く無いとしたのがシナの言い分だった。それなら、ベトナム人が愛国心に駆られて中国企業を襲ったのも同じ理屈と言わねばならない。つまりは中国という国は二枚舌・三枚舌で何が何でも自国の言い分を通し、国際法なんぞは存在しないがごとくの無法者国家であることが子どもにでも解る。集団自衛権について議論が喧しいが、安倍首相の進めておられる「普通の国」に一日も早く近づき、無法者国家に蹂躙されないよう日米安保を更に強化して国家・国民の安全が図れることを強く望むものである。また、一部マスコミや学者、反日政治家らによる憲法をもてあそぶが如き不毛の議論には辟易している。国民を欺くような行動から早くめざめ、信頼される皆さんに成長して欲しい。最期に、又市さんが、堂々と憲法改正の議論を挑めと言ったのは正しいと思う。基本中の基本法である憲法が「解釈」で右往左往するような現状は法治国家としては2流だと言わざるを得まい。

URL :
TRACKBACK URL :

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top